お知らせ

合格した先輩からのメッセージ 2016年版

※ 個人情報などに触れる箇所および誤字等の修正以外は、原文のままです。

南山女子、滝中、愛知淑徳中合格の保護者の方より

 娘が小学4年生のころに中学受験をすることに決めて四谷大塚のテスト生として地元の塾からスタートしました。しかし、結果は驚くほど悪くびっくりしました。学校の成績は悪くなかったのでよい成績を期待していました。でも、その頃は本当にひどい成績でした。
もちろんすぐ塾にはいればよかったのかもしれませんが、兄弟のこと、仕事の都合などで塾の送迎も負担だし、なにより家で親が教えればよいのでは、という思いもあり母親の私が先生役でがんばりました。でも残念なことに成績はさっぱり上がらないし、親子では感情的になったりしてうまくいきませんでした。

 娘の希望もあり、毎年難関中学に合格者を輩出していて電車で通える名古屋駅前の東海進学教室に通うことに決めました。この選択が本当に素晴らしかったと感謝でいっぱいです。入塾してから成績は順調にあがりクラスでいえばBからCに、そして6年生ではSクラスにはいることができました。そして今年2月、南山女子中学、滝中学、愛知淑徳中学すべて合格を手にいれることができたのです。以下にあげることが東海進学教室に入って良かった点です。

①塾長、講師の先生方が中学受験に精通していて、教え方、ポイント、取り組むべき問題の選択が素晴らしい。親には真似のできない、むしろ親が口出しするのは弊害になると思い、私は塾にお願いしてから問題に関わりをもつのはやめました。娘もわからないことは塾で解決していました。小学生にはプロの教え方が必要で、やみくもに問題をこなすのも無駄ばかりです。また、国語も苦手教科から安定した得意教科に変わり、指導の素晴らしさを実感しました。

②4教科トータルで成績を分析した上で、その時期ごとにどの教科に力を注ぐべきか教えてくださいました。長い受験期間ですから、すべて均等に時間を使うのは無理があります。
組分けテストなどの折に具体的に各教科についてアドバイスをいただけました。

③無駄な宿題がない。なんといってもまだ小学生。詰め込むばかりでは息切れします。
6年生の1学期までは日曜日に家族で遊びにでかけたり、ピアノの習い事も最後まで続けられました。無駄な宿題がなく効率よく勉強できて充実した小学校生活を送れました。

④ライバルは全国のYT生。塾生は仲良しで、友達と励まし合いながら取り組めます。
受験は競争ですからモチベーションは必要だと思います。それが全国からみたレベル分けなのでわかりやすく励みになりました。

⑤合宿、イベントがない。それを望まれる保護者の方からみると物足りないかもしれませんが、正月やお盆は家族で過ごす方がいいと私は思います。成績は日々の努力の積み重ねであって合宿の成果ではないと思います。大事な日は家族で過ごし、また気持ちを切り替えた上で夏休みも講習をうけました。秋からは過去問を解くために日曜も塾通いとなりましたが、半年間のつめこみでラストスパートをかけるべく気持ちものって、本番にのぞむことができました。過去問のセレクト、予想問題すべて素晴らしいセレクトでした。

先生方、本当にありがとうございました。おかげさまで、心新たに春からの新生活が楽しみです。

Oさん 合格:南山女子、滝、愛知淑徳中

 私は4年生のとき、他の塾にYTテストだけ受けに通っていました。でも、そこでは成績がかなり悪く、私はそのときあきらめかけたこともありました。成績は上がる気配すら感じられなかったのですが、4年生の後半、やはり本気で受験したいと思い、名古屋にある東海進学教室まで5年生から通うことにしました。

 東海進学教室では、授業が終わった後、先生が個人的にわからない問題を教えてくださったりして、成績はどんどん上がっていきました。授業もとてもわかりやすく、わからなかった問題がすらすら解けるようになり、塾に行って勉強をするのが毎回楽しみになりました。特に、算数はむずかしい問題が解けるととてもうれしかったです。

 6年生では、Sクラスに上がりYTテストがかなりむずかしくなりました。テスト中、わからない問題が多すぎてパニックになることもありましたが、テストの後の解説のときに先生がわかりやすく教えてくださり、ほとんどの問題の解き方を理解して家に帰ることができました。SクラスのYTテストを何回も受けて、長時間のテストにもなれてきました。あと、6年生の後半になって後悔したことなんですが、これから受験にむけてがんばるみなさん、受けたテストはしっかりファイルに入れて見直しがいつでもできるようにした方がいいですよ。先生から教わったことなんですが、テストで間違えた問題は自分が苦手なところです。しっかり見直して、自信がもてるようにしましょう。

 友達はとても大切な存在でした。6年生の冬休みは毎日塾に行っていたので、学校のような感じでした。授業では、プリントで満点をとったら先生がくれるシールの枚数をきそったりして、楽しかったです。そのほかにも、みんなでお弁当を食べたり、みんなと勉強したりして毎日が楽しかったです。

 直前期は、先生に苦手な問題を出してもらいました。南山女子の入試の前の日に教えてもらった作図の問題が、本当に入試問題で同じような問題がでていて驚きました。なので落ち着いて解くことができました。

 これから入試を受けるみなさん、頭の良さは努力次第です。大変なことがあってもがんばってください。

Tくん 合格:滝中学、名古屋中学、愛知中学

 僕が東海進学教室に通い始めたのは5年生の秋頃からです。それまではあまり受験勉強をしていなかったので、入ったときはこの塾についていけるのか心配でした。ですが、勉強をして解けなかった問題が解けるようになったり、週テストで成績が上がったりすると次もがんばろうと思うことができました。また、先生が解いておいた方がよい問題を教えてくださったり、問題の解き方を書いた自分の「定石ノート」を作ったりして、勉強がしやすくなりました。

 6年生になると勉強が難しくなり、特に理科は苦手でした。滑車やてこや浮力の計算が大変で、長時間手こずりました。夏期講習や個別指導で先生とわからないところをなくしていきました。なので、入試直前には苦手な単元をすべてなくすことができました。おかげで、6年生の秋には、第一志望の学校もレベルの高い学校に挑戦したいと思えるようになってきました。

 入試直前には志望校で模試を受けました。模試を受けたおかげで本番のときに落ち着いて受験できました。なので、志望校でテストを受けておくとよいと思います。

 電車に乗って塾に通うのは大変でしたが、塾に行くと先生や塾のみんなと話すことができて楽しかったです。

 東海進学教室の先生方、ぼくを第一志望校に合格させてくださってありがとうございました。

Mさん 合格:南山女子、愛知淑徳中、金城中

 私は4年生のときから次のようなスケジュールでやっていました。
日・月→算数は予習シリーズ、理科社会は暗記
水 →演習問題集を解く 木 →過去のYTテストを解く 金 →間違い直し
土 →YTテスト を繰り返していました。また、わからない問題はその週に解決するようにしていました。 

 私は国語が苦手だったので、個別で国語の読解のコツを教えてもらったり、いろいろな文章題を解きました。算数は特に平面図形が苦手だったので、先生からプリントをもらったり個別で教えてもらったりしました。理科は電気が苦手で個別で何度か教えてもらったり、過去の愛知県の入試の電気の問題を編集したプリントを解き自信をつけました。

 私を合格させてくださった先生方、そしてお父さんとお母さん、ありがとうございました。

PAGETOP